月別アーカイブ: 2016年10月

妊婦さんの腰痛との向き合い方

今まで腰痛とは無縁だったのに、妊娠してからいきなり腰痛に悩まされたという方は少なくないのではないでしょうか。それではなぜ妊婦したら腰痛がおきるのでしょうか。まず妊娠中に腰痛が起こる原因から探っていきましょう。

妊娠すると当然おなかが大きくなっていきます。常に8-10㎏のお米を抱いた状態で歩くのと同じ状態になります。そうするとどうしてもおなかをカバーするために背中、腰に負担がかかってくるのは無理のないことでしょう。そしてホルモンの分泌が原因、頭の緊張や目の疲れから起こる可能性もあります。初めての妊娠ということで、不安、緊張などを感じるなど、心理的な不安から起こることもあります。

ではどうすれば、腰痛は緩和されるのでしょうか。妊婦は重いものを極力持たないようにしなければいけないですが、どうしても持たなければいけないときは持ち方に気を付けましょう。ゆっくりと重心を持ち上げることが大切です。腰痛で、座っていても寝ていても歩いても痛い時には、妊婦用骨盤ベルトを使用する手もあります。

エクササイズ、マタニティスイミングなどで体を少し動かしてみるのもいいでしょう。湯船にしっかりつかり体全体を温めたり、タオルなどで患部を直接温めるという手もあります。横になるときも抱き枕を使うなど工夫してみるのもいいかもしれません。それでもどうしても痛い時には医師の指導の下に腰痛を和らげる薬を試してみるのも手かもしれません。いろいろ試してみて、腰痛と向き合い元気な赤ちゃんを産みましょう。

出産に向けての準備をしよう

さあ、妊娠しておなかも大きくなりいよいよ赤ちゃんとのご対面の日が近づいてきました。早く子供の元気な顔が見たいとワクワクする反面、何を準備したらいいのか、どれだけ痛いのか不安だらけの部分も多いと思います。

心の準備、そして、ある程度の知識をもっておいて、出産前にイメージトレーニングをしていきましょう。妊娠が発覚して間もなく出産予定日を医師から伝えられると思いますが、それと同時に予定日に産まれるわけではないと聞いたことはありませんか。そう、出産予定日はあくまでも予定日であって、予定日の前後最大2週間ずれることがあるようです。

初産の半数の方が、予定日より遅れるそうです。ですから、予定日に産まれてこないからといって心配する必要はありません。それがわかったところで、初産に関わらず、出産予定日に備えて入院前に準備しておく必要のあるものをご紹介いたします。まずは、手荷物に入れておくとよいものとして、母子手帳、健康保険帳、診察券、印鑑、携帯電話、筆記用具などです。これらを常にカバンに入れて持ち歩いているといつ陣痛が来ても安心ですね。

そして入院用のカバンを作ってすぐに家族の人に持ってきてもらえる場所に準備しておくことも大切です。その中にパジャマ、下着、カーディガン等の羽織るもの、ショーツ、ナプキン、ベルト、授乳ブラジャー、母乳パット、腹帯、退院着を入れておいてください。

妊婦用のショーツなどはすぐに手に入らない場合が多いので早めに準備しておくことをお勧めします。さあ、これだけ準備できていれば怖いものはありません。赤ちゃんを信じて自分を信じて出産を迎えましょう。

加齢により体重や体脂肪が増える原因

 

多くの人が、年齢を重ねるに従って、自分の体重が増えてきているのではないでしょうか。年をとった時に太りやすくなくるのは、基礎代謝が下がっているためです。人間は、安静にしている時でも、身体機能を維持するために、カロリーを消費しています。

1日のうち、必ず使うカロリーがどのくらいなのかで、太りやすい体質か、痩せやすい体質かなどが、ガラッと違ってくるのです。基礎代謝量を意識することによって、加齢による体重増や体脂肪増を防ぐための方法が見えてきます。若いころはダイエットなんて無縁だった人でも、体の基礎代謝量は加齢に伴いどんどん低下していきますので、太りやすい体質に変化していきます。

年をとったら太ってきたという人は、基礎代謝が下がっているのに、若い頃と変わらない食事をしている可能性があります。食事内容を見直し足り、運動の習慣をつくることで、基礎代謝の高い体になるようにしましょう。身体の筋肉を増やし、基礎代謝をアップさせたいという場合は、運動といってもさほどきつい内容にすることはなく、ダンベルを使ったエクササイズや、バランスボールの運動等で事足ります。効果的なダイエットができる体になるためには、筋トレによって筋肉を増やすことが効率的な方法です。

腹筋や背筋や下半身の筋肉など比較的大きな筋肉を集中的に鍛えることで、より効率的に基礎代謝量のアップにつなげることができます。筋トレに慣れていない人が重い負荷をかけて鍛えると筋を痛めてしまったりすることもありますので、最初は軽めの負荷から始めましょう。年齢を重ねると基礎代謝が下がり、そのせいで体脂肪が増えやすくなるという点を理解した上でダイエットをすることです。

痩せる効果のある食習慣を改善するコツ

痩せるコツは様々なものがありますが、そのうちの一つが食事です。食事のカロリー制限や、運動量を増やすことでダイエット効果は得られますが、やり方を誤ると、リバウンドによって体重が戻ってしまうことがあります。体重を減らしたいからといって、生活習慣を大幅に変えるような方法でダイエットに取り組むと、継続することが難しくなるでしょう。

もしも、身体への負荷が大きいダイエットをした場合は、長期的に続ける以前に途中で断念することになるでしょうから、いい方法とはいえません。痩せるための取組は、これまでの生活サイクルを大きく変えるものにはしないで、少しの心がけで継続できるような、簡単なものを選ぶといいでしょう。

カロリー制限を、身体に負荷をかけずにするためには、ドリンクを食事メニューに加えてみてください。コップ一杯の水を食卓にプラスすることで、おんかいっぱいになる前に、水分である程度の満腹感を実感できるようになります。食事にお茶をプラスすることで、カテキンの摂取量が多くなり、有酸素運動をした時に脂肪燃焼効率が向上します。ダイエットにはカテキンを含むお茶をプラスし、食後に手軽にできる運動を組み合わせることで、ダイエット効率は上がるでしょう。

食事で摂取するカロリーの量は、1日で体が消費しているカロリーと同じぐらいか、少なくなるようにすると、ダイエットに適しています。スーパーの総菜やコンビニの弁当は高カロリーメニューになることが多いので、和食をメインにした、低カロリーの食事を目指したほうがいいでしょう。食事の量を減らして痩せるため、体重が増える原因になりそうなもの確認し直すことが大事です。