気持ち悪い匂いつわり対策

私のつわりは、吐きはしないけど常に吐きそう、といったタイプのつわりでした。 吐けば楽になると言われていましたが、そんな簡単に吐く事が出来なくて、上手く吐けないので、ずっと辛い状態が続いていました。

時間帯はだんだん疲れてくる夕方が辛かったので、いろいろと考えるようになり必要な仕事は午前中に済ませることにして、夕飯はきっちりと17時に済ませて、20時には眠れる体制を整えていました。

私が気持ち悪くなるきっかけは、洗剤の臭いや調理中の臭いをかいだ時だったので、台所仕事をする時はシンクロナイズドスイミング用の鼻栓を購入して使用しました。これはマスクよりも匂いをシャットアウトできるので、とても重宝しました。

あとは、胃腸が極端に弱っている感じがしていたので、エビオス錠を飲んだり、野菜を煮込んだスープなど、消化しやすい食事を心掛けていました。

そして、それでも気持ち悪い波に飲まれそうになった時は、レモンの皮の香りをかいだり、炭酸水を飲んだりして乗り切りました。そしてつわりの終わりかけの時期は、ひたすら「つわりは終わった、つわりは終わった」とつぶやき続け、自己暗示を掛けるようにしたら本当に終わりました。

置き換えダイエットに効果的な食品

様々なダイエット方法がありますが、その中には一日1食~2食の食事をカロリーの低いものに置き換える方法があります。一回の食事で摂取するカロリー量を減らすことで、1日の摂取カロリー量を減らすことが、置き換えダイエットの目的です。

体重を減らすだけでなく、リバウンド予防や、プロポーションの改善を考えた場合、置き換えダイエットは3カ月くらい取り組むといいでしょう。夕食として体内に取り入れたカロリーは、使い切れないままに就寝時間になってしまうことが多いため、夕食をダイエットメニューに置き換えるといいでしょう。

ただし、空腹状態のまま寝ようとするとなかなか眠れませんので、どんな食事に置き換えるのかも重要になります。置き換えダイエットを成功させるには、置きかえ用の食品を何にするかをよく考えることです。低カロリーで、体にいい栄養が含まれており、お腹にたまる食材を選ぶことが、置き換えダイエットで利用するといいと言われています。

豆腐は、カロリー量が少なく、たんぱく質が豊富で、ボリューム感があることから、ダイエットではよく使われています。置き換えダイエットに、フルーツや、野菜をミキサーでかくはんして、スムージーにして飲んでいる人もいます。果物も、野菜も、食物繊維が多いため、胃で膨らんでボリュームを増やしてくれるので、ダイエット食に向いています。

この他、ダイエットに活用されている食材には、栄養豊富で満腹感の高いバナナ、豚肉や牛肉と比べてずっとカロリー量の低い鶏ささみ、低カロリー食材の代表格こんにゃく等があります。置き換えダイエットのメリットは、置き換え食以外は普段どおりの食事をすることができるので、かかる手間が少なく済むというところです。