妊婦が注意すべきNG食べ物って?

妊娠中は、胎児の健全な成長のことを考えて、食べることを控えた方が良い食材が多数あります。今回は、そんな妊娠中には食べるのを我慢した方が良い食材を理由とともに紹介します。

カフェイン

妊娠中のカフェインは良くないという事は有名だとは思います。コーヒーや紅茶などが好きな方は多いでしょうから大変ですが、妊娠中は我慢するようにしましょう。どうしてもコーヒーや紅茶が飲みたい方は、カフェインレスのものがありますのでそちらを利用してみるといいでしょう。

アルコール

こちらも妊娠中には良くないと有名ですね。飲酒の影響で赤ちゃんの細胞がうまく育たない事があります。発達障害などのリスクが高まりますので、こちらも妊娠時は我慢するようにしましょう。

大型の魚介類

基本的に刺身などの生ものは、妊娠中にはあまり適した食材ではありません。妊婦さんは免疫力が低下している事もあるため、食中毒などの危険があります。また、マグロやメカジキなどの大型の魚は水銀を多く含みます。これは食物連鎖の影響によるものですね。通常時はそれほど影響はありませんが、妊娠中は避けていたほうが良いでしょう。

その他

加工食品や揚げ物スナック菓子などのジャンクフードはあまりよくはありませんよね。とはいっても、つわりなどで何も食べれないのにフライドポテトだけは食べられるという方も多かったりします。その場合は食べれる物を食べるようにし、つわりが終わったタイミングで食生活の調整を行うのも良いと思います。

妊婦さんのための食生活の改善の仕方

妊娠したということは、もう自分ひとりだけの命ではありません。大切な家族がおなかの中に存在しているのです。妊娠したと同時に今まで以上に食事面、生活面で気を付けていかなければいけないことがたくさんあります。

妊娠を希望している人、妊娠中の人、そして妊娠後授乳を考えている人すべて、赤ちゃんのために重要な栄養について知っていきましょう。まず、妊娠を希望している人、妊娠する前から、気をつけておかなければいけないことがあります。妊娠前にやせすぎたり、肥満であったりしていませんか?

妊娠前から栄養バランスを気にして正しい食生活を送ることが大切です。妊娠前の体重で、妊娠中どれだけ体重を増やしていいかが決まるからです。まず、今までの自分が必要とするエネルギー以外に、赤ちゃんを育てるためにプラスしてカロリーが必要になってきます。例えば、妊娠初期(16週)は、+50、妊娠中期(16-28週)は、+250、妊娠後期(28週以降)+450と時期に応じて必要量が増えていきます。

妊娠を計画している人から、妊娠初期の人は、緑黄野菜を極力たくさん取り入れるように心がけて葉酸をとりましょう。それは、神経管閉鎖障害の発症リスクを少なくすることにつながります。

そこで注意点ですが肝やレバー、うなぎに含まれているビタミンAの摂りすぎにはきをつけてください。胎児に奇形が現れるリスクがあるからです。

澄肌漢方堂の成分の効能は?