二人目を妊娠中の時のつわり体験

私は一人目が1歳を過ぎた頃に、二人目の妊娠がわかりました。

まだまだ一人目に手がかかる時で、妊娠がわかったと同時につわりが始まりました。知り合いも、年子で妊娠し、一人目と二人目は、全然つわりも違ったよという話を聞いていたので、ちょっと期待してみましたが、一人目と同様、つわりがひどかったです。

でも、一人目の時と違い、二人目妊娠中は、一人目のお世話もあったので、つわりがひどくても、なるべく体を動かすようにしていました(動かさざるをえなかったとも言えます)。

一人目の時は、初めての妊娠だったので、いろいろと必要な情報以外のこともネットで調べてしまったり、本でいろいろと読んでは心配になったりとした経験から、今回は、何か不安があれば、ドクターに聞くのみと徹底して情報を遮断する事にしました。あとは、普段通りの生活をなるべくするようにしました。

今にして思うと、一人目の時は情報を色々と調べて知識をつけて安心しようと考えた事が完全に裏目にでてしまっていましたね。自分を安心させるつもりが、逆に不安になる材料をどんどんと増やしていっていたのです。

一人目の子に悪いなと思ったのは、私がつわりで匂いがダメになったものなどもあったので、一人目の離乳食が偏る傾向にありました。ですので、週末に実家に行き、しばらくはそこで私がダメになった匂いの栄養価のあるものを食べさせてもらうようにしていました。

特に初産の場合は、色々と情報を調べてしまったりしてしまいます。もちろん、赤ちゃんの事を思うと当然なのですが、私のようにその情報が原因で不安が増してしまうという方は医師だけを情報源とし、つわり中は、あまり余分な知識を入れないのも一つの手だと思います。

ソワン毛穴ケア用美容液の口コミでの評判について