妊婦さんの腰痛との向き合い方

今まで腰痛とは無縁だったのに、妊娠してからいきなり腰痛に悩まされたという方は少なくないのではないでしょうか。それではなぜ妊婦したら腰痛がおきるのでしょうか。まず妊娠中に腰痛が起こる原因から探っていきましょう。

妊娠すると当然おなかが大きくなっていきます。常に8-10㎏のお米を抱いた状態で歩くのと同じ状態になります。そうするとどうしてもおなかをカバーするために背中、腰に負担がかかってくるのは無理のないことでしょう。そしてホルモンの分泌が原因、頭の緊張や目の疲れから起こる可能性もあります。初めての妊娠ということで、不安、緊張などを感じるなど、心理的な不安から起こることもあります。

ではどうすれば、腰痛は緩和されるのでしょうか。妊婦は重いものを極力持たないようにしなければいけないですが、どうしても持たなければいけないときは持ち方に気を付けましょう。ゆっくりと重心を持ち上げることが大切です。腰痛で、座っていても寝ていても歩いても痛い時には、妊婦用骨盤ベルトを使用する手もあります。

エクササイズ、マタニティスイミングなどで体を少し動かしてみるのもいいでしょう。湯船にしっかりつかり体全体を温めたり、タオルなどで患部を直接温めるという手もあります。横になるときも抱き枕を使うなど工夫してみるのもいいかもしれません。それでもどうしても痛い時には医師の指導の下に腰痛を和らげる薬を試してみるのも手かもしれません。いろいろ試してみて、腰痛と向き合い元気な赤ちゃんを産みましょう。

出産に向けての準備をしよう

さあ、妊娠しておなかも大きくなりいよいよ赤ちゃんとのご対面の日が近づいてきました。早く子供の元気な顔が見たいとワクワクする反面、何を準備したらいいのか、どれだけ痛いのか不安だらけの部分も多いと思います。

心の準備、そして、ある程度の知識をもっておいて、出産前にイメージトレーニングをしていきましょう。妊娠が発覚して間もなく出産予定日を医師から伝えられると思いますが、それと同時に予定日に産まれるわけではないと聞いたことはありませんか。そう、出産予定日はあくまでも予定日であって、予定日の前後最大2週間ずれることがあるようです。

初産の半数の方が、予定日より遅れるそうです。ですから、予定日に産まれてこないからといって心配する必要はありません。それがわかったところで、初産に関わらず、出産予定日に備えて入院前に準備しておく必要のあるものをご紹介いたします。まずは、手荷物に入れておくとよいものとして、母子手帳、健康保険帳、診察券、印鑑、携帯電話、筆記用具などです。これらを常にカバンに入れて持ち歩いているといつ陣痛が来ても安心ですね。

そして入院用のカバンを作ってすぐに家族の人に持ってきてもらえる場所に準備しておくことも大切です。その中にパジャマ、下着、カーディガン等の羽織るもの、ショーツ、ナプキン、ベルト、授乳ブラジャー、母乳パット、腹帯、退院着を入れておいてください。

妊婦用のショーツなどはすぐに手に入らない場合が多いので早めに準備しておくことをお勧めします。さあ、これだけ準備できていれば怖いものはありません。赤ちゃんを信じて自分を信じて出産を迎えましょう。

加齢により体重や体脂肪が増える原因

 

多くの人が、年齢を重ねるに従って、自分の体重が増えてきているのではないでしょうか。年をとった時に太りやすくなくるのは、基礎代謝が下がっているためです。人間は、安静にしている時でも、身体機能を維持するために、カロリーを消費しています。

1日のうち、必ず使うカロリーがどのくらいなのかで、太りやすい体質か、痩せやすい体質かなどが、ガラッと違ってくるのです。基礎代謝量を意識することによって、加齢による体重増や体脂肪増を防ぐための方法が見えてきます。若いころはダイエットなんて無縁だった人でも、体の基礎代謝量は加齢に伴いどんどん低下していきますので、太りやすい体質に変化していきます。

年をとったら太ってきたという人は、基礎代謝が下がっているのに、若い頃と変わらない食事をしている可能性があります。食事内容を見直し足り、運動の習慣をつくることで、基礎代謝の高い体になるようにしましょう。身体の筋肉を増やし、基礎代謝をアップさせたいという場合は、運動といってもさほどきつい内容にすることはなく、ダンベルを使ったエクササイズや、バランスボールの運動等で事足ります。効果的なダイエットができる体になるためには、筋トレによって筋肉を増やすことが効率的な方法です。

腹筋や背筋や下半身の筋肉など比較的大きな筋肉を集中的に鍛えることで、より効率的に基礎代謝量のアップにつなげることができます。筋トレに慣れていない人が重い負荷をかけて鍛えると筋を痛めてしまったりすることもありますので、最初は軽めの負荷から始めましょう。年齢を重ねると基礎代謝が下がり、そのせいで体脂肪が増えやすくなるという点を理解した上でダイエットをすることです。

痩せる効果のある食習慣を改善するコツ

痩せるコツは様々なものがありますが、そのうちの一つが食事です。食事のカロリー制限や、運動量を増やすことでダイエット効果は得られますが、やり方を誤ると、リバウンドによって体重が戻ってしまうことがあります。体重を減らしたいからといって、生活習慣を大幅に変えるような方法でダイエットに取り組むと、継続することが難しくなるでしょう。

もしも、身体への負荷が大きいダイエットをした場合は、長期的に続ける以前に途中で断念することになるでしょうから、いい方法とはいえません。痩せるための取組は、これまでの生活サイクルを大きく変えるものにはしないで、少しの心がけで継続できるような、簡単なものを選ぶといいでしょう。

カロリー制限を、身体に負荷をかけずにするためには、ドリンクを食事メニューに加えてみてください。コップ一杯の水を食卓にプラスすることで、おんかいっぱいになる前に、水分である程度の満腹感を実感できるようになります。食事にお茶をプラスすることで、カテキンの摂取量が多くなり、有酸素運動をした時に脂肪燃焼効率が向上します。ダイエットにはカテキンを含むお茶をプラスし、食後に手軽にできる運動を組み合わせることで、ダイエット効率は上がるでしょう。

食事で摂取するカロリーの量は、1日で体が消費しているカロリーと同じぐらいか、少なくなるようにすると、ダイエットに適しています。スーパーの総菜やコンビニの弁当は高カロリーメニューになることが多いので、和食をメインにした、低カロリーの食事を目指したほうがいいでしょう。食事の量を減らして痩せるため、体重が増える原因になりそうなもの確認し直すことが大事です。

私の体験したつわりの内容 食べ物の好みが何度も変わる?

私のつわりの内容と、とった対策についてお話しします。 私がつわりを覚えたのはまだ心拍が確認出来なかった妊娠5週めくらいのこと。本当にある日突然といった感じでした。猛烈な吐き気はなかったのですが常に船酔いしているかのようなけだるさが安定期まで続きました。

食欲も若干落ちましたが、かと言って食べないとより気持ちが悪くなるので常に口に物を入れていると状態でした。夜中ぱっと目が覚めてもすぐ食べられるように枕元にお水やお菓子を置いていました。とは言えカロリーも気になるので、こんにゃくゼリーが重宝しました。

私の場合食べられないものはあまりなかったのですが逆に食べたいもの時期によって変わり、初期はとにかく辛いもの、グリーンカレーや担々麺。後期はなぜか節分でまく大豆にはまりそればかりポリポリ食べていました。

一方、ニオイには敏感になったようで一番堪えたのは洗濯に使う柔軟剤。妊娠前お気に入りの香りの柔軟剤を大量にストックしていたのですが、このニオイが本当にダメで気持ちが悪くなりました。そのため、つわり中は極力ニオイの少ない洗剤のみを使用していました。

ちなみに出産後もその柔軟剤を使おうと試みましたが一度嫌な思いをしているせいか結局不快で使えないままとなりました。

こうしたように妊娠のつわりの影響で体質?が変わることも本当にあるのだと実感しています。

睡眠で痩せるコツとはなにか

体重を減らすコツはたくさんありますが、中で、痩せる効果があるものが睡眠のとりかたです。体調管理と、睡眠時間は密接に関わっていますので、痩せることも、よく眠ることができるかどうかに関係します。

パジャマを着て寝るほうが寝やすいので、ジャージ等は避けるようにしましょう。眠っている間は、人間は寝返りを打ったり、転がったりしますので、ジャージのような硬い素材は動きづらいことがあります。パジャマのような、布地が柔らかいものを着ることで、寝ている間に好きな姿勢になれるわけです。

起床時間を一定に保つことも、痩せるためには重要です。就寝時間や、起床時間がまちまちな生活をしていると、体のサイクルが不規則になってしまいます。起きる時間が遅かったために、朝食が昼食近い時間にずれ込んでしまい、食事の量が定まらないこともあります。

寝る時間も、起きる時間も、1時間以上はずれないようにすることが、痩せるコツとしては大きいものです。できれば10時ぐらいに眠りたいものですが、遅くとも2時には寝るようにしましょう。10時~2時にかけては成長ホルモンが分泌されますし、お肌にもいい影響があるといいます。

布団や枕など、寝る時に使うものも、気に入ったものを使うことで、心地よく眠ることができます。首の高さに合った枕を使うことは、痩せるコツであるほかにも、首にしわをつくらない効果などが得られるといいます。

みるみる痩せていく妊娠中の友人

私の親友の妊娠が分かり、早速会いに行きました。私もつわりでは苦しんだ思い出がありますので、何か参考になる話でも出来ればいいなと思っていました。

彼女は妊娠して二カ月ごろでしたが、久しぶりに会ったときにはすでにつわりが始まっており、食べ物が食べれない吐きづわりで苦しんでいたのを覚えています。私も吐きづわりで苦しんだ記憶がありますので、この大変さは身にしみて経験しています。しかし、彼女はなんとかフルーツは食べられる状態でしたので、フルーツをおやつにお喋りが出来ました。

それからはつわりも収まってだんだんと元気になっていくだろうと想像していました。しかし、安定期ごろにもう一度会いに行った際、予想に反して彼女はげっそりと痩せており、本当に妊婦さんなのかと驚くほどでした。妊婦さんの体重に関しては太りすぎも良くありませんが、体重が減るというのはかなりの問題ですよね?

その後、何度か友人とは会いに行きましたが、安定期に入ったにも関わらず、まだつわりが続いており、ほぼ毎日と言っていいほど吐いていました。話を聞いているだけでも悲しい気持ちになったのを覚えています。その時にはいぜんは食べれていたフルーツも口にする事が出来なくなっており、食べ物の他、飲み物も受け付けず、こまめに点滴をして栄養補給をしていました。

その時点で妊娠発覚から8キロ痩せてしまい、このままで本当に大丈夫なのかと心配しました。親友の赤ちゃんにもしもの事があったらどうしよう?なんていやな想像ばかりしてしまいました。何とか無事に育ってほしいと毎日思っていたのを今でも思い出しますね。

しかし、やっと後期ごろになるとつわりが収まり始めました。そこからは食べ物すべてがおいしく感じるようで、どんどん太っていきましたね。まあこれは仕方のない事だと思います。この影響で出産直前にはすっかり妊婦さん体型になり、良いのか悪いのか分かりませんでしたが、とりあえず無事に赤ちゃんが産まれてきました。心配していた分とても安心しました。

気持ち悪い匂いつわり対策

私のつわりは、吐きはしないけど常に吐きそう、といったタイプのつわりでした。 吐けば楽になると言われていましたが、そんな簡単に吐く事が出来なくて、上手く吐けないので、ずっと辛い状態が続いていました。

時間帯はだんだん疲れてくる夕方が辛かったので、いろいろと考えるようになり必要な仕事は午前中に済ませることにして、夕飯はきっちりと17時に済ませて、20時には眠れる体制を整えていました。

私が気持ち悪くなるきっかけは、洗剤の臭いや調理中の臭いをかいだ時だったので、台所仕事をする時はシンクロナイズドスイミング用の鼻栓を購入して使用しました。これはマスクよりも匂いをシャットアウトできるので、とても重宝しました。

あとは、胃腸が極端に弱っている感じがしていたので、エビオス錠を飲んだり、野菜を煮込んだスープなど、消化しやすい食事を心掛けていました。

そして、それでも気持ち悪い波に飲まれそうになった時は、レモンの皮の香りをかいだり、炭酸水を飲んだりして乗り切りました。そしてつわりの終わりかけの時期は、ひたすら「つわりは終わった、つわりは終わった」とつぶやき続け、自己暗示を掛けるようにしたら本当に終わりました。

置き換えダイエットに効果的な食品

様々なダイエット方法がありますが、その中には一日1食~2食の食事をカロリーの低いものに置き換える方法があります。一回の食事で摂取するカロリー量を減らすことで、1日の摂取カロリー量を減らすことが、置き換えダイエットの目的です。

体重を減らすだけでなく、リバウンド予防や、プロポーションの改善を考えた場合、置き換えダイエットは3カ月くらい取り組むといいでしょう。夕食として体内に取り入れたカロリーは、使い切れないままに就寝時間になってしまうことが多いため、夕食をダイエットメニューに置き換えるといいでしょう。

ただし、空腹状態のまま寝ようとするとなかなか眠れませんので、どんな食事に置き換えるのかも重要になります。置き換えダイエットを成功させるには、置きかえ用の食品を何にするかをよく考えることです。低カロリーで、体にいい栄養が含まれており、お腹にたまる食材を選ぶことが、置き換えダイエットで利用するといいと言われています。

豆腐は、カロリー量が少なく、たんぱく質が豊富で、ボリューム感があることから、ダイエットではよく使われています。置き換えダイエットに、フルーツや、野菜をミキサーでかくはんして、スムージーにして飲んでいる人もいます。果物も、野菜も、食物繊維が多いため、胃で膨らんでボリュームを増やしてくれるので、ダイエット食に向いています。

この他、ダイエットに活用されている食材には、栄養豊富で満腹感の高いバナナ、豚肉や牛肉と比べてずっとカロリー量の低い鶏ささみ、低カロリー食材の代表格こんにゃく等があります。置き換えダイエットのメリットは、置き換え食以外は普段どおりの食事をすることができるので、かかる手間が少なく済むというところです。

つわり中に救われたお医者さんからの神の一言

私は妊娠初期からつわりに悩まされていました。最初は、きっと1週間ぐらいで治るだろうと軽く思っていました。というのも、私の場合はつわりと言っても、匂いがダメになるぐらいで、食事をすることはできていたので、さほど気にもしていませんでした。

しかし、妊娠が進むにつれ、胎動がわかるようになってきた頃からつわりがかなりひどくなり、好きだったものが一切たべれなくなり、また、嫌いだったものがなぜか好きになってきました。

これだけなら大した話ではないのですが、実はあまり栄養に良いものとは思えないジャンクフードものばかりを好んで食べるようになってしまったので、それがとてもストレスになりお医者様に健診のときに話しました。

お医者様は胎児の体重はちゃんと増えているし、何も問題はないけれども、もう少しできれば栄養があるものも食べれたら食べたほうが良いと言われました。一口につわりといっても一人一人症状は違うので、それほどストレスを感じる必要はないとおっしゃっていただき、妊娠時に良いと言われる物を食べるものがストレスになってしまうだけなら、決して無理して食べないようにと言われ、つわりというのは赤ちゃんがちゃんと成長しているよという証拠にもなるので、安心するように言われました。また、中期になり、つわりがなくなってくる時期は来ても、赤ちゃんは成長するので安心するようにと言われ、ドクターの声は、神の声に聞こえました。

流石に常々妊婦さんの相手をしているだけあって、妊婦さんを安心させるのはお上手だなと感じました。

妊婦さんのための食生活の改善の仕方

20代、30代の妊婦は、おなかが出るのがいや、太るのがいやといって体重をなるべく抑え「低体重」の人が多くなってきています。妊娠中の体重が+7㎏未満だった場合、「低出生体重児」を産む可能のリスクが高まります。

低出生体重児の出生割合も、他の先進国に比べ増えています。今は健康な元気な赤ちゃんを育てるため、必要のカロリーそしてバランスのいい食生活が必要です。そして妊娠中に必要な栄養の一つとして、鉄分があります。妊娠中は、貧血になりやすくなりますが、それは赤ちゃんに優先的に栄養がいってお母さんが後回しになってしまうから貧血になる人が多いのです。

レバー、かき、牛もも肉、メジマグロ、あさり、しじみ、乾燥大豆、小松菜、切り干し大根、ホウレンソウ、高野豆腐納豆などで簡単に鉄分を取り入れることができます。うまく鉄分を取り入れた食事も必要です。

そして母乳育児は、赤ちゃんにとっても、お母さんにとっても最適の方法です。母乳育児をすることで、お母さんの体重も減っていきます。妊娠末期から授乳期にかけては、牛乳、乳製品などのカルシウム、適量な鉄分など意識して取り入れ、妊娠が始まる前から、出産後までバランスの良い食事を常に心がけましょう。

仕事から帰宅すると夜までつわりが酷かった

私は子どものころに、つわりという言葉をきいて病気なのかなと思ったことがありました。ですので、妊娠するとつわりという病気になるんだと勘違いしていたのです。

でも、結婚して妊娠した会社の先輩は、全くつわりがなかったとのことで驚きました。 というのも、私より先に結婚したの姉は、できちゃった結婚で妊娠中はずっと嘔吐が止まらなくて、体重が減ってしまったという話をいやという位聞かされていたからです。つわりは個人差があるんだな~とおもってしまっていました。

私も27歳で会社の同期の知人を紹介されて、2年付き合って結婚したのが今の夫です。
ですが、結婚して、すぐに夫はうつ病になってしまったので、子どもは作るのを控えていました。

でも、1年ほどで会社に復帰できるようになったので、自然と子供を欲しいと思うようになりました。

結婚して3年間子供を作らなかったので、同居していた夫の親にも「孫の顔がみたい」と言われ始めていましたが、ちょうどタイミングよく妊娠がわかりました。 私は基礎体温をつけていましたので、自分でもなんとなく妊娠した瞬間がわかっていました。ですが、病院にいって、「妊娠しています」と医師に言われて帰宅してから、急に気分が悪くなってしまったのでした。パートの仕事にいっているときは全くつわりがなかったのですが、妊娠が発覚してからすぐにつわりが始まりました。それから帰宅してから、夜寝るまで嘔吐が止まりませんでした。

正直こんなに早くつわりってくるものなの?と半信半疑でした。それからも、仕事に出ている時はつわりの事をすっかり忘れてしまう位、調子が良かったのですが、家に帰ると嘔吐が止まらないという状態が続きました。

つわりの原因についてはまだ分からないという事ですが、私の場合は精神的に気を張っている状態と、リラックスしている状態では全然つわりのひどさが違いました。妊娠中はリラックスして過ごすのが基本だとは思いますが、少し緊張感をもってみるとつわりを忘れられるのかもしれませんね。

二人目を妊娠中の時のつわり体験

私は一人目が1歳を過ぎた頃に、二人目の妊娠がわかりました。

まだまだ一人目に手がかかる時で、妊娠がわかったと同時につわりが始まりました。知り合いも、年子で妊娠し、一人目と二人目は、全然つわりも違ったよという話を聞いていたので、ちょっと期待してみましたが、一人目と同様、つわりがひどかったです。

でも、一人目の時と違い、二人目妊娠中は、一人目のお世話もあったので、つわりがひどくても、なるべく体を動かすようにしていました(動かさざるをえなかったとも言えます)。

一人目の時は、初めての妊娠だったので、いろいろと必要な情報以外のこともネットで調べてしまったり、本でいろいろと読んでは心配になったりとした経験から、今回は、何か不安があれば、ドクターに聞くのみと徹底して情報を遮断する事にしました。あとは、普段通りの生活をなるべくするようにしました。

今にして思うと、一人目の時は情報を色々と調べて知識をつけて安心しようと考えた事が完全に裏目にでてしまっていましたね。自分を安心させるつもりが、逆に不安になる材料をどんどんと増やしていっていたのです。

一人目の子に悪いなと思ったのは、私がつわりで匂いがダメになったものなどもあったので、一人目の離乳食が偏る傾向にありました。ですので、週末に実家に行き、しばらくはそこで私がダメになった匂いの栄養価のあるものを食べさせてもらうようにしていました。

特に初産の場合は、色々と情報を調べてしまったりしてしまいます。もちろん、赤ちゃんの事を思うと当然なのですが、私のようにその情報が原因で不安が増してしまうという方は医師だけを情報源とし、つわり中は、あまり余分な知識を入れないのも一つの手だと思います。

つわりの対策ってやっぱり定番の物が良く効くかも?

私は子供が出来るのを今か今かと待ち焦がれておりました。生理が1週間遅れた時点で「もしかして?」と思い妊娠検査薬を使って自宅でテストしてみたら、見事妊娠していることがわかりました。この時の嬉しさは表現できないほどのものでした。待ち望んでいた妊娠だったので夫婦で大喜びしたのもつかの間、しばらくしてから、だんだん胃がムカムカする様になり典型的なつわり症状が始まりました。

私のつわりの症状

その気持ち悪さは例えようのないもので、今までの人生で経験したことのない辛さでした。正直言ってつわりなんて大したことないと高をくくっていた私は本当に驚いてしまいました。というのも、いつもじわじわと生唾がわいてきて、ちょっと油断するとオエっとなってしまうのです。そんな状態が24時間続くので買い物に出ることも難しい感じでした。

もちろんこんな状態ですので、食に関する悩みも多く、少しでも何か口にしないといけないと考えて、色々なものを試してみました。その結果食欲が減退した時に、唯一口にできたのがグレープフルーツジュースでした。朝一番の一番吐き気が強い時に、まずコップ半分ほどのグレープフルーツジュースを飲むと胃がすっきりして、吐き気が収まることを発見してからは、吐き気が強くなったら、少しのジュースを口にするようになりました。

つわりにはすっぱいものが良いと言われているのは本当で、私にはぴったりのつわり対策になり、約2ヶ月半ぐらいのつわり期間を、このジュースでなんとか乗り切ることができました。

私のような典型的なつわりの症状が出た場合は、何かひとつでも口に出来るもの、気持悪くならないものを見つけられるとだいぶ心理的に楽になると思います。

現在進行形でつわりと戦っているみなさんも、かならず終りはきますので、めげずに頑張れるといいですね。

妊婦が注意すべきNG食べ物って?

妊娠中は、胎児の健全な成長のことを考えて、食べることを控えた方が良い食材が多数あります。今回は、そんな妊娠中には食べるのを我慢した方が良い食材を理由とともに紹介します。

カフェイン

妊娠中のカフェインは良くないという事は有名だとは思います。コーヒーや紅茶などが好きな方は多いでしょうから大変ですが、妊娠中は我慢するようにしましょう。どうしてもコーヒーや紅茶が飲みたい方は、カフェインレスのものがありますのでそちらを利用してみるといいでしょう。

アルコール

こちらも妊娠中には良くないと有名ですね。飲酒の影響で赤ちゃんの細胞がうまく育たない事があります。発達障害などのリスクが高まりますので、こちらも妊娠時は我慢するようにしましょう。

大型の魚介類

基本的に刺身などの生ものは、妊娠中にはあまり適した食材ではありません。妊婦さんは免疫力が低下している事もあるため、食中毒などの危険があります。また、マグロやメカジキなどの大型の魚は水銀を多く含みます。これは食物連鎖の影響によるものですね。通常時はそれほど影響はありませんが、妊娠中は避けていたほうが良いでしょう。

その他

加工食品や揚げ物スナック菓子などのジャンクフードはあまりよくはありませんよね。とはいっても、つわりなどで何も食べれないのにフライドポテトだけは食べられるという方も多かったりします。その場合は食べれる物を食べるようにし、つわりが終わったタイミングで食生活の調整を行うのも良いと思います。

妊婦さんのための食生活の改善の仕方

妊娠したということは、もう自分ひとりだけの命ではありません。大切な家族がおなかの中に存在しているのです。妊娠したと同時に今まで以上に食事面、生活面で気を付けていかなければいけないことがたくさんあります。

妊娠を希望している人、妊娠中の人、そして妊娠後授乳を考えている人すべて、赤ちゃんのために重要な栄養について知っていきましょう。まず、妊娠を希望している人、妊娠する前から、気をつけておかなければいけないことがあります。妊娠前にやせすぎたり、肥満であったりしていませんか?

妊娠前から栄養バランスを気にして正しい食生活を送ることが大切です。妊娠前の体重で、妊娠中どれだけ体重を増やしていいかが決まるからです。まず、今までの自分が必要とするエネルギー以外に、赤ちゃんを育てるためにプラスしてカロリーが必要になってきます。例えば、妊娠初期(16週)は、+50、妊娠中期(16-28週)は、+250、妊娠後期(28週以降)+450と時期に応じて必要量が増えていきます。

妊娠を計画している人から、妊娠初期の人は、緑黄野菜を極力たくさん取り入れるように心がけて葉酸をとりましょう。それは、神経管閉鎖障害の発症リスクを少なくすることにつながります。

そこで注意点ですが肝やレバー、うなぎに含まれているビタミンAの摂りすぎにはきをつけてください。胎児に奇形が現れるリスクがあるからです。